忍者ブログ

しばらくはデモトレードだけやってればいい

FXは参加者の9割が1年持たずに退場して行きます。 そうならないようデモトレードでしっかりと練習してから本番開始するようにしましょう。

FXについて

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

FXについて

トレードのやり方として、「為替が上下いずれか一方向に変動する短い時間に、薄利でも構わないから利益を絶対に稼ごう」というのがスキャルピングというわけです。
FX会社を調査すると、それぞれに特徴があり、長所もあれば短所もあるのが通例ですから、新規の人は、「どの様なFX業者でFX口座開設をするのがベストの選択なのか?」などと困惑するのではありませんか?
売り買いに関しては、100パーセント手間なく完結するシステムトレードではありますが、システムの微調整や見直しは周期的に行なうことが必要不可欠で、その為には相場観を身に付けることが重要になります。
MT4をパソコンにセッティングして、ネットに繋げた状態で24時間365日稼働させておけば、目を離している間もオートマティックにFXトレードをやってくれるわけです。
FXについては、「外貨を売る」ということから取引を開始することもあるわけですが、このように外貨を保持することなく「外貨を売却した状態」のことも、「ポジションを持っている」と言われるのです。

デイトレードというのは、スキャルピングの売買のタイミングを若干長めにしたもので、通常は1~2時間程度から24時間以内にポジションをなくしてしまうトレードだとされています。
FXに関することを調べていきますと、MT4(メタトレーダー4)というワードが目に入ります。MT4と言いますのは、使用料なしで利用することができるFXソフトのネーミングで、様々に活用できるチャートや自動売買機能が装備されている売買ツールのことです。
FX取引をする中で出てくるスワップと言われているものは、外貨預金でも与えられる「金利」だと考えていいでしょう。とは言え大きく異なる点があり、この「金利」と申しますのは「貰うばかりではなく取られることもあり得る」のです。
為替の動きを類推する時に実施するのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より大事だと考えられるのは「チャートの流れを読み取って、これからの為替変動を予想する」テクニカル分析だと言えるでしょう。
デモトレードを活用するのは、ほとんどFXビギナーの人だと考えることが多いようですが、FXのプロフェショナルも積極的にデモトレードを有効活用することがあると聞いています。例えば新しいトレード手法の検証をする時などです。

FX取引をする中で、一番多い取引スタイルだと思われるのが「デイトレード」です。毎日手にできる利益を安全にものにするというのが、このトレードのやり方になります。
スプレッドという“手数料”は、株式といった金融商品と比較してみましても破格の安さです。正直申し上げて、株式投資だと100万円以上の取り引きをしますと、1000円位は売買手数料を払わなければなりません。
この頃は、いずれのFX会社も売買手数料は0円となっていますが、それに代わるものとしてスプレッドがあり、このスプレッドというものこそが事実上のFX会社の儲けになるわけです。
売買する際の金額にいくらかの差を設定するスプレッドは、FX会社のみならず銀行でも異なる名前で存在しているのです。しかも驚くことに、その手数料がなんとFX会社の約200倍というところが稀ではないという現状です。
驚くことに1円の変動であっても、レバレッジが1倍ならば1万円の損益なのですが、10倍なら10万円の損益なのです。簡単に言うならば「レバレッジが高倍率になるほどリスクも高まる」ということなのです。


FX裁量トレードのトレーニングに必須のツール!
> MT4裁量トレード練習君プレミアム
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

アーカイブ